top of page

ピアノを習うお子さんの母親の役割  

今週の予報はずっと雨ですね☔️ 雨でまず思うのは、洗濯物より、子供たちの発散の場をどうしたら良いものか・・・今日も悩みます。 常日頃、著名なピアノ先生のブログを読んだり、指導法についての本を読んだりしているのですが、 講師の心得として、ピアノを習うお子さんを持つお母様に対して、こんな一文がありました。 『お母さんにやってもらうことは、先生役ではなく、お母さん役である』 これは石黒加須美先生のお言葉でして、当たり前のことなのですが、妙に納得してしまいました。 おうちでは、レッスン室で先生と一緒に体験したこと、楽しんだことを繰り返すだけでいいのです。 再現のみです。 時には、テキストを広げてお話(会話)だけでもいいのではないかと私は思います。 「ここ、先生はおもしろい言い方していたよね」とか、「楽譜に先生の言葉が書いてあるね、読んであげるね」など。 今日幼稚園(学校)どうだった〜?のノリです😄 練習しなさい!ではなく、練習したくなる!お母さんお父さんからの魔法の言葉✨ これを私からもレッスンでたくさん伝授していきたいと思います。

Comentarios


bottom of page